思ったことを瞬間的に英語で言えるようになるプログラム(特許申請中)
YouCanSpeak(ユーキャンスピーク・YCS)は、「スピーキング自動習得システム」です。
誰でも英語がペラペラになれるようにプログラムされています。
ペラペラとは、思ったことが何でも瞬間的に英語で言えることを意味します。
           


英会話上達のための教材選び


英会話の上達を目指すには、教材選びも大切ですね。

英会話の教材を選ぶときは、まず自分の実力をよく把握していないといけません。ほとんどの英会話教材は、対象者がそれぞれ決まっています。

初心者向けの教材は、上級者にとっては簡単すぎてしまいます。

上級者向けのものは、初心者には難しすぎて使いこなせません。

だから自分に合ったレベルの教材を選ぶことが重要なのです。

それでは、教材を選ぶときのポイントを紹介します。自分は何のために英語を学ぶのかを把握して、その目標に合った教材を選んでください。

将来、英語圏の大学へ進みたいのならば、そこで勉強したい分野の英語に関する教材を選びましょう。

自分の興味のあることなら、意欲的に取り組めるでしょう。自分の目標を達成するための教材を選ぶことが大切です。

内容が楽しくて面白いと感じた教材を選ぶのも良いでしょう。そう思えるものなら、きっと集中力が湧いてくるでしょう。

まず教材を選ぶときに、覚悟しておかなければいけないことは「英語はすぐには話せるようにはならない」ということです。

なので選んだ教材で学習する計画を、数年単位で立ててみてください。そしてその教材は、これから長い期間使うことになります。

ですから、その教材が本当に自分の生活に合っているかどうか購入する前にもう一度考えてみてください。

厳選して購入した後にも、その教材の学習方針に沿って自分の生活に合わせることも大切です。

自分の都合に合わせて教材を使うことで、学習意欲も続いていくものです。

子供向け教材で英語上達


TOEICのスコアが900の人でも実際に英語で話そうとすれば、ネイティブの子供にもついていけないことが多いです。

ちょっとがっかりしてしまう話ですが、それは当たり前のことなのです。なぜならネイティブの子供たちは、生まれてからずっと英語と付き合ってきたのです。

日本人の英語のレベルというのは、ネイティブの幼児から小学生ぐらいのものではないでしょうか。

それならば、ネイティブの子供たちが使っている子供向けの教材で、英語を学ぶのもいいのではないでしょうか?

教材は大きく分けて二種類あります。

1つはネイティブの子供が読む本や子供向けの映画やドラマです。これらは、語学を学習するために製作されたわけではありません。

しかし、子供向けに分かりやすくなっているのなら、それと同レベルの日本人にも理解できると思います。

子供向けに作られたものは、使用されている単語は簡単で分かりやすくきれいな発音ばかりなので、英会話を上達させる良い教材となるでしょう。

もう1つは、ネイティブの子供たちが英語を学習するための教材です。

これらの教材によって単語や文法などを学ぶことができます。この分野が苦手な人には基本を学ぶのにとても役に立つでしょう。

まだ英語を習い始めたばかりの初心者には、日本の子供たちが使う教材で学習するのも良いです。最近では、子供向けの教材が豊富にあります。

子供向け教材はとても簡単で分かりやすく、子供たちが興味を持って学習できるように製作されています。

英語初心者にとっては、基本的なことを理解するのに最適な教材でしょう。

tag:

ラジオ講座とトークマスターシリーズ


英会話の学習には効果的な方法があります。そのひとつが「反復練習」です。

リピーティングのように繰り返して聞いて発音する勉強法や、ディクテーションのように何度も聞いてそれを書き取る方法や、オーバーラッピングのように正確な英語にかぶせて発音する方法などいろんな語学勉強法の基本は、すべてが反復練習なのです。

反復練習をするには、そのベースとなる手本を選ぶのが重要です。

最近では、語学教室がとても多くありますが、通う時間がなかったりコストの面が心配であったり長い間通うことができないこともあります。

その点、ラジオ講座はテキストだけ用意すれば大丈夫です。しかも、教えている講師はトップクラスの優れた講師ばかりです。

ラジオ講座を利用したいけど、決まった時間に毎週聞くことができないという人も多いと思います。そんな人におすすめなのが「トークマスターシリーズ」です。

トークマスターは、簡単にラジオ講座を最大20件まで予約録音できるという特徴を持っています。毎週予約しておけば録音を忘れることもありません。

外に持ち歩くことができるので、いつでもどこでも学習できます。音質はとてもよく反復練習にもとても役立ちます。

トークマスターには、ただ録音・再生するだけではなく英語などの語学をラジオ講座で学ぶためのさまざま便利機能が付いています。

「ワンタッチリピート機能」は、設定した時間だけを何度も繰り返して再生します。

「A−B間リピート機能」は、まとまった文章を繰り返すことができるので、リピーティングの練習も簡単にできます。

オーバーラッピングには、声を録音できる「ボイスレコーダー機能」を使うと良いでしょう。

「レッスンモード」で、講師の声と自分の声を続けて録音し交互に繰り返し再生できるので、手軽に発音のチェックをすることができます。

このようにトークマスターは英会話の反復練習にとても効果的です。いつもポケットに入れて英会話を上達させてください。

耳タコ大作戦 日本人英語からの脱出


「耳タコ大作戦 日本人英語からの脱出」は、英語を楽しみながら上達させる、英語学習ソフトです。

「耳タコ大作戦 日本人英語からの脱出」は、日本人特有の間違えを克服するためのソウトウェアです。

普通に使っている英単語も実は日本人英語であったり、簡単な英語でも急に質問されるとわからなくなったり、そんな弱点を分析しゲーム形式で問題を出題して弱点を克服していきます。

気軽に自分の英語能力を確認できます。

単語を極めるためゲームでは、英語を聞き取って正確な単語やスペルを確認していきます。このゲームによって自然とリスニング力も向上できます。

表現を磨くためのゲームでは、表現や語句、簡単な文章を使っています。文法の復習として、正しい順番に英単語を並べて文を作るゲームは、とても勉強になります。

ゲームをしていて分からない単語があったら、画面左下にある「HELP」ボタンを押してください。問題に含まれている単語の意味や表現、発音などを調べることができます。とても便利な機能です。

「耳タコ大作戦 日本人英語からの脱出」のレベルは、中学英語程度です。

中学英語を完全に使いこなすために、難しい単語は使用されていません。英会話力を確実に身につけるには、中学英語程度をもう一度確認して学ぶことがとても大切だと思います。

もう一度はじめから英語をやり直そうとしている大人にも最適です。ゲームをしながら学習できるので、英語を習い始めたばかりの小・中学生にも使いやすいです。

このソフトは、家族で楽しみながら英語力を身につけていく1本なのです。どうせ勉強するなら、みんなで楽しみながら勉強できたほうがいいですよね。

1000時間ヒアリングマラソン


あなたがヒアリングが苦手なのは、個人的な英語の能力などの問題ではありません。

本物の英語を聞いた時間が、とても少ないからです。

日本人は英語を母国語としていないので、その独特の音やリズムを捉えるには、集中して一定の期間、本物の英語を聞く必要があるのです。

英語独特の音とは、つながったり消えたり、いろんな形に変化します。それを完璧に身に付けるには、相当の時間が必要となります。

目安としてアルクの考えでは、1年で1000時間としています。

ポイントとしては、英語に費やす時間をできるだけ毎日の生活にたくさん取り入れることです。通勤中や通学中の時間や家事をしながらでも、意外と耳を使える時間はたくさんあります。

英語をひとつの習慣として生活に取り入れることができれば、必ず英会話が上達できるでしょう。

洋画を鑑賞して楽しむのも散歩しながら英会話を聞くのも、集中して聴いているのなら1000時間のうちに入ります。

このように考えると時間は意外と簡単につくれるものです。

アルクの通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」は、最新の話題を盛り込んで、毎月届けられます。さまざまなジャンルの新鮮な英語素材で、楽しみながら使える英語が学べます。

「マンスリーテキスト」は、難易度やさまざまなジャンルのコーナーで構成されています。コーチのわかりやすくて実践的なアドバイスが、受講生の学習をしっかりとサポートします。

スピーキングなどの力をつける学習コーナーもあるので総合的に英語のスキルが上がります。

「1000時間ヒアリングマラソン」は、いろんな国の人々の生きた英語に触れることができます。毎月最新の情報が届けられるので、楽しみながら英会話の学習が続けられるのです。

English FanのDVD英会話教材


英語を聞き取れないときは、それを目で確認して理解できるまで何度も繰り返し聞くことが大切です。その努力が、ヒアリングを上達させるのです。

DVD英会話教材のEnglish Fanでは、その最も大事な確認してから聞き直すというプロセスを、DVDによってサポートします。

English FanのDVD教材は、1枚のDVDに8種類の番組をまとめ毎月届けられます。その番組の中には、日本人なら誰でも知っている「日本の童話」もあります。

物語の内容を知っているので英語でも頭に入りやすく、ヒアリングの練習にとても役立ちます。

第1回は「鶴の恩返し」で、その後「かぐや姫」、「桃太郎」、「浦島太郎」と続き、ほとんどが子供のころに聞いたことのあるものばかりです。

「世界の童話」に関しても、とても有名な物語ばかりです。「白雪姫」や「赤ずきん」、「ブレーメンの音楽隊」などです。

頭の中に物語の内容が入っているので、聞き取りやすく効果的にヒアリングの練習ができます。

「世界の旅」という番組は、世界のさまざまな国を美しい映像とナレーションで紹介するシリーズです。

イギリスやカナダなどの、とても美しい映像に魅了されるでしょう。海外に興味のある方は、ヒアリングも上達するはずです。

「子供向け教養番組」は、実際にアメリカで放送された子供向けの教養番組でヒアリング力を鍛えます。

この番組は少しレベルが高いかもしれませんが、本物の英語と触れ合うことができるので、是非挑戦してみてください。

English FanのDVD教材は、英会話に必要な口の動きを鍛えていきます。興味のある番組を見ることにより、自然と正確な発音やアクセントが身につきます。

すぐに使える Native English 28000


『すぐに使える Native English 28,000』というCD教材は、英語の決まり文句は分かっているけど実用的な細かい表現が言えないという方におすすめです。

このCDは、Native English 28,000 Expressionsという名前のとおり、ネイティブが使う表現が28000文も収録されています。

たいていの辞書や参考書では、見たことのないような慣用表現がたくさん載っています。

ストーリーは朝起きたところから始まり寝るまでとなっており、ネイティブが日常で使う表現が盛り込まれています。

幼児が使う言葉や宇宙用語まで学べます。

この画期的なヒアリング教材は、経験の豊かなプロの英会話講師たちが開発しました。飽きないで最後まで聞き続けられ、聞いているだけでヒヤリング力が確実に上達します。

市販されているほとんどの英会話教材は、学習用に製作されているので聞きとりやすいようにわざとゆっくり話したり、分かりやすいように不自然に発音したりして録音しています。

このCD教材は、ネイティブの話す自然な発音と速さにこだわっています。もちろん、初めはとても速くて付いていけないかもしれません。

でも、そのうち耳が慣れてくると、ネイティブのナチュラルスピードに違和感がなくなります。

このCDで何度もトレーニングを繰り返すと、耳が英語を聞き取る能力を養うことができます。知らないうちに英語の映画やニュ−スなどが聞き取れるようになるのです。

英語が聞き取れると同時に会話も自然にできるようになります。英会話を上達させたい方には、とても役立つ教材だと思います。