思ったことを瞬間的に英語で言えるようになるプログラム(特許申請中)
YouCanSpeak(ユーキャンスピーク・YCS)は、「スピーキング自動習得システム」です。
誰でも英語がペラペラになれるようにプログラムされています。
ペラペラとは、思ったことが何でも瞬間的に英語で言えることを意味します。
           


効果的な英会話上達の方法


英会話上達のために教材を使って猛勉強をしたし、英会話スクールにも通ったし、短期の留学もしたのに結局ペラペラにはならなかった・・・という人は、少なくないと思います。

教材を使うのも英会話スクールに通うことも、とっても勉強になると思います。

しかし、英語を話せるようになるもっとも効果的な方法は「使う」ことなのです。
英語(何語でも)は、使っていかないと進歩しないのです。

日本人は比較的リーディングが得意です。これは英語の授業や受験勉強などで、英語を読む時間が多いからです。

また多くの日本人が文法を得意としていて、これも文法の知識や問題に多くの時間をかけているからです。

逆にライティングはあまり接することがなく、リスニングと同じように苦手という人が多いようです。

日本人の多くは、得意分野と不得意分野が分かれている傾向にあります。これは、その分野に接している時間に関係しているはずです。

長く接している分野ほど得意で、逆にあまり接していない分野ほど不得意となっているようです。

多くの時間をかければ苦手なものでも必ず上達しますし、逆に時間をかけなければそのまま伸びることはないでしょう。

英語を本当に話せるようになりたいのなら、話す場面をつくることです。そこで思いっきり話すのがコツです。

英会話スクールで先生ととことん話すのもいいですし、日本人の友達とでも英語だけを使って話すのも効果的です。

自分で話す機会を持って、恥ずかしがらずに思いっきり英語を使ってください。きっと上達すると思います。

tag:

英会話上達のための教材選び


英会話の上達を目指すには、教材選びも大切ですね。

英会話の教材を選ぶときは、まず自分の実力をよく把握していないといけません。ほとんどの英会話教材は、対象者がそれぞれ決まっています。

初心者向けの教材は、上級者にとっては簡単すぎてしまいます。

上級者向けのものは、初心者には難しすぎて使いこなせません。

だから自分に合ったレベルの教材を選ぶことが重要なのです。

それでは、教材を選ぶときのポイントを紹介します。自分は何のために英語を学ぶのかを把握して、その目標に合った教材を選んでください。

将来、英語圏の大学へ進みたいのならば、そこで勉強したい分野の英語に関する教材を選びましょう。

自分の興味のあることなら、意欲的に取り組めるでしょう。自分の目標を達成するための教材を選ぶことが大切です。

内容が楽しくて面白いと感じた教材を選ぶのも良いでしょう。そう思えるものなら、きっと集中力が湧いてくるでしょう。

まず教材を選ぶときに、覚悟しておかなければいけないことは「英語はすぐには話せるようにはならない」ということです。

なので選んだ教材で学習する計画を、数年単位で立ててみてください。そしてその教材は、これから長い期間使うことになります。

ですから、その教材が本当に自分の生活に合っているかどうか購入する前にもう一度考えてみてください。

厳選して購入した後にも、その教材の学習方針に沿って自分の生活に合わせることも大切です。

自分の都合に合わせて教材を使うことで、学習意欲も続いていくものです。

リスニングの学習


英会話を上達するための「リスニングの勉強の仕方」を紹介します。

初級レベルの方は、英語全体の力をつけなければいけません。初級レベルの方が英語を聴きとれないのは、リスニングが弱いわけではありません。

語彙力が充分でないことや、文法の知識も少ないことなどが原因となっている場合もあります。

聞いたこともない単語を聴き取ることはできませんし、文章を読んでわからないのに、聴いて理解できるわけがありません。

ですから、全般的に英語力を伸ばすことが必要なのです。

初級レベルの勉強法としては、まず発音を理論的に学習することが大切です。ちゃんとした発音ができるようになれば、リスニングの能力も向上します。

効果的な方法として、リピーティングとシャドーウイングがあります。これは、耳に聞こえてくる英文を、できるだけ正しく真似をするのです。

聞き取るときに、言っていること全てを理解しようとしなくてもいいのです。何が言いたいのかを理解できれば充分なのです。

中級レベルでは、話している内容をもっと詳しく確実に聴き取れるようにしましょう。その勉強法は、リーディングと合わせて勉強することです。

例えば英字新聞を読んでから、英語のニュースを聴くのです。ニュースの内容を把握しておけば、すんなりと聴き取ることができます。

逆に耳で聴いてから読むようにすると読む速さが速くなります。このレベルの方は、生の英語と触れ合うと良いです。

理解しやすいテレビドラマやニュース、映画などを毎日決まった時間、聴き続けることが大切です。

上級レベルの方は、ひたすら生きた英語に接することが大切で、ネイティブともコミュニケーションをとるようにすることが効果的な方法です。

このレベルでは、少し英語から離れてしまうと能力が後退してしまいます。必ず毎日英語と接するように心がけましょう。

より実践的に聴くために、難しい環境で聴くようにしましょう。雑音の中で英語のニュースを聴いてみるようなことです。より実際の生活に近い環境で練習してみてください。

スピーキングの学習


英会話を学ぶなかで「スピーキングの上達法」を紹介します。

初級レベルでは英語を口に出して慣れることを目標としましょう。読むときは、声に出すことが大事です。この段階では、間違っているかどうかなんて気にしなくても大丈夫です。

毎日読む習慣をつけることが大事です。早い段階で発音を身につけることも大切です。

せっかく話せるようになっても、間違った発音で覚えてしまうとネイティブの人には伝わりません。この段階では、発音しにくい単語は無理に覚えなくても大丈夫です。

自分が取り組みやすい単語から始めてください。

中級レベルになれば、長い文も読むように挑戦してみてください。相手が聴き取りやすくなるように意識して、音やリズムに強弱をつけて発音してみましょう。

このレベルなら英語で自分の考えを表現できるように練習してもよいでしょう。

上級レベルになると、実践する機会がとても大切になります。それまで覚えてきたことを、実際の会話で使うことにでしっかりと身につきます。

できればネイティブの人とコミュニケーションを積極的にとるとさらに上達します。このレベルまで頑張ってきたのだからスピーキングの質にもこだわっていきたいものです。

たとえば話したいテーマを持つことです。仕事で役に立つ表現を徹底的に学んだりするようなことです。

また正確できれいな英語を話せるように、こだわるのもいいでしょう。

子供向け教材で英語上達


TOEICのスコアが900の人でも実際に英語で話そうとすれば、ネイティブの子供にもついていけないことが多いです。

ちょっとがっかりしてしまう話ですが、それは当たり前のことなのです。なぜならネイティブの子供たちは、生まれてからずっと英語と付き合ってきたのです。

日本人の英語のレベルというのは、ネイティブの幼児から小学生ぐらいのものではないでしょうか。

それならば、ネイティブの子供たちが使っている子供向けの教材で、英語を学ぶのもいいのではないでしょうか?

教材は大きく分けて二種類あります。

1つはネイティブの子供が読む本や子供向けの映画やドラマです。これらは、語学を学習するために製作されたわけではありません。

しかし、子供向けに分かりやすくなっているのなら、それと同レベルの日本人にも理解できると思います。

子供向けに作られたものは、使用されている単語は簡単で分かりやすくきれいな発音ばかりなので、英会話を上達させる良い教材となるでしょう。

もう1つは、ネイティブの子供たちが英語を学習するための教材です。

これらの教材によって単語や文法などを学ぶことができます。この分野が苦手な人には基本を学ぶのにとても役に立つでしょう。

まだ英語を習い始めたばかりの初心者には、日本の子供たちが使う教材で学習するのも良いです。最近では、子供向けの教材が豊富にあります。

子供向け教材はとても簡単で分かりやすく、子供たちが興味を持って学習できるように製作されています。

英語初心者にとっては、基本的なことを理解するのに最適な教材でしょう。

tag:

英語の早期教育


英語の早期教育とは、0歳〜12歳の子供を対象に英語を教える教育のことをいいます。

早期英語教育のメリットは、強制的に英語の勉強をやらせるのではなく純粋な気持ちで楽しめることです。

お母さんたちのイメージですと、学生時代の英語の勉強は、苦労して必死に難しい単語や文法を詰め込んだという嫌な記憶が残ってはいませんか。

あんなに苦労したのに今はほとんど英会話ができない・・・なんて思っていませんか?

何のために英語を勉強しているのか、何が面白くて勉強しなくてはいけないのか、という考えでは決して英語が身につくわけがありません。

しかし子供は違います。

赤ちゃんが言葉を覚えるときに、まずお母さんの言葉を聞き、それを真似することで自分のものとして身につけていきます。

その後、意思を相手に伝えるためや相手を理解するために言葉を発するようになります。

子供は楽しいと感じることは、積極的に進んで覚えようとします。これは日本語も英語も同じなのです。

先生やお友達と英語で歌ったり、それに合わせてダンスしたり英語を使ってゲームをしたりして、楽しみながら経験することで、知らず知らずのうちに英語を身につけていくのです。

子供は、英語が楽しいと思えばきっと英語が大好きになります。もっと興味が出てきて、英語のことをもっと知ろうとします。

そんな子供たちは英会話の上達もとても早いです。

子供さんが興味を示したら、お母さんと一緒に英語を楽しむことから始めてみましょう。

英会話喫茶LEAFCUP


英会話喫茶と英会話スクールが一つになった喫茶店が、東京の飯田橋にあります。「英会話喫茶 LEAFCUP」というお店です。

もちろん英会話喫茶だけ利用してもいいです。

日本人を含め世界各国の人たちが集まって、紅茶などを飲みながらトークを楽しんでいます。英語に自信がなくて緊張してしまう人でも心配いりません。

初めは、みんなが話しているのをただ聞いているだけでも大丈夫ですよ。

LEAFCUPでは、いつもでも外国人のスタッフがみなさんの英会話の相手をしてくれます。初心者の人にも優しくわかりやすく話してくれますので安心してください。すぐに英語に慣れてしまいますよ。

LEAFCUPの英会話スクールは、生徒同士のコミュニケーションを重視し英会話の勉強をするスクールです。

1クラスは最大で8人でレベルは6つに分かれていて、自分のレベルに合ったクラスを選ぶことができます。

夏と冬には英会話合宿があり、クリスマスパーティーやバーベキューなどのイベントも豊富です。授業料は、入会金は3,000円で、週に1回90分のクラスが1ヶ月10,000円です。

他の英会話スクールに比べて格安となっているので、興味のある方は是非参加してみてください。

LEAFCUPでは、スクールで英語を学んだ後は英会話喫茶での実践が可能です。英会話を上達させるには、英語の学習と実践がとても重要です。

LEAFCUPで楽しみながら英会話を上達させてください。

語学留学とホームステイ


語学留学をしても、まったく英語が話せないという人は少なくないと思います。

どうして、失敗してしまったのでしょうか。

それは慣れない場所で、しかも英語漬けの生活がつらくて英語から逃げてしまったからでしょう。

語学学校で仲良くなった日本人と、ほとんどの時間を日本語で過ごしてしまったりホームステイ先では部屋に閉じこもっていたりというようなことです。

こんなことにならないように留学をする際は、あまり多く日本人がいる語学学校を選ばないようにしましょう。

ホームスティの場合では、ホストファミリーとコミュニケーションをとることが最も英会話を上達させるポイントとなります。

間違いを恥ずかしがらず積極的に話すようにして、分からないことがあれば何度も聞くようにしましょう。

ホストファミリーは、とてもうれしくなり色々なことを優しく教えてくれるでしょう。

TVはリスニングの能力を高めるのに、とても効果的になります。できるだけ見るようにすると良いでしょう。

ホストファミリーとの生活の中で、気づいたことや気になる表現はメモに残しておいてください。

それがよく理解できない表現だったら辞書で調べたり、ホストファミリーや語学学校の先生に聞いたりしてください。

使い方が分かってきたら自分でも実際に使ってみましょう。その努力によって、きっとあなたの英会話は上達します。

自分の話している英語が間違っているのでは、通じなかったらどうしよう、相手が何を言っているかわからい・・・と落ち込まず、ジェスチャーを使いながら、積極的に周りの人たちとコミュニケーションをとるようにしてください。

せっかくのホームスティでの生活を決して無駄なものにせずに、英会話を上達させる絶好の場にしてください。

tag:

英文法を学ぶ


英会話を学ぼうと思ったら、やはり文法を投げ出すわけにはいきません。

文法は単語をどうやって組み合わせれば言葉になるのか、ということを教えてくれる必要不可欠なものなのです。

文法を知らないと正確な言葉には成り立ちません。

これから文法を勉強するとなると少し面倒だと思われるかもしれませんが、そんなに難しいことではありません。

会話で必要となる最低限の文法の知識を学ぶのなら、中・高校生用の参考書で充分なのです。

このような参考書は最初から1ページずつ進めていけば、順番に必要な文法を学ぶことができるようになっています。

文法を覚えるためには参考書は1冊で充分です。その参考書を何度も繰り返して勉強することが、英会話においての文法を上達させるのです。

自分だけで学習するのに自信がなく不安という人には、通信講座で勉強するのが良いでしょう。

通信講座では、カリキュラムがしっかり組まれていたり分からないところを親切に教えてくれたりするので、文法を学びたい人にはおすすめです。

また通信講座だと自分の都合に合わせて進めることができるというメリットもあります。

誰かに教えてもらいたいから英会話スクールに通うことを考える人もいると思いますが、英会話スクールだとほとんどが会話重視で、文法をしっかり教えてくれるところは少ないようです。

文法を学びたい人にとっては、あまりおすすめできません。

英会話スクールは、しっかりと文法を身につけてから本格的に英会話を上達させるために通うと良いでしょう。

もし英会話スクールで文法を教えてもらいたいのなら、事前に学習方針を問い合わせてみてください。

英文法

英会話学習の始め方


英会話を学びたいけど、何年も英語から遠ざかっていて完全に忘れてしまい、どこから勉強したらいいのかさっぱり分からないという人も少なくないと思います。

この場合は決して焦ってはいけません。まずは基礎から少しずつ勉強していくのがベストです。基本となる発音や文法から勉強をはじめると良いでしょう。

文法は高校卒業レベルを理解できるようになれば大丈夫です。

文法ばかりやっていても退屈して挫折してしまうかも知れないので、語彙力をアップさせるためにもリーディングの練習をするのもいいと思います。

リーディングで使う本は自分が興味をもって楽しく読めるものを選ぶことが、リーディング力を上達させることにつながります。

また、もうひとつ効果的なのが、英語での会話の例文を、毎日少しずつでも覚えていくことです。

はじめは1日1つや2つだけでも良いです。この狙いは、繰り返し暗記することで頭が英語に慣れるようにすることです。

全然覚えられないとか、覚えてもすぐに忘れてしまうということは気にしなくてもいいです。毎日繰り返すことで、そのうちに覚えるコツがつかめ上達していくでしょう。

一通り発音と文法の学習が終わったら、会話例文を覚える量を少しずつ増やすようにしてください。

英会話例文を覚えるには、市販の例文集を用意しても良いですがメルマガを利用して勉強するのも一つの手です。

メルマガには日常会話の例文などを載せたものが数多くあります。一度チェックしてみると、きっと興味が湧いてくると思いますよ。